パソコンを使った仕事ができない人に

定年後に働く方法にはいくつかあるのですが、そんな中で比較的簡単に始められるのが、インターネットを利用したネットビジネスです。
しかし、今の定年退職者の多くはパソコンを持っていないという人や、パソコンを使った事が無いという人が多いので、パソコンを使った仕事ができないという人も多いでしょう。

そこでお勧めの仕事が内職です。

内職はその名前の通りに家で色々な作業をする仕事ですが、大抵の場合は箱などを組み立てる作業が多くなります。
箱を組み立てる場合には材料を会社まで取りに行く必要があるのですが、内職によっては会社側が自宅まで運んできてくれる場合もあるので、できれば会社側が家まで材料を運んでくれるような内職をするべきでしょう。

しかし、内職の場合は1つ組み立てて何円という完全出来高制であると同時に、それ程たくさん稼げる仕事でもありませんので、年金プラスアルファーと言う考えで行うべきです。
内職で生活をしていくと言うのはまず不可能なので、定年退職後に働くか、家族の中で普段家事を行っている人が空いている時間を使って働くのが良いでしょう。

内職で働く場合には、まず内職ができる人を募集している会社を見つけて連絡する事から始めなくてはいけないのですが、それ程多く募集していないのが内職です。
もし体が自由に動くのであれば、アルバイトなどで働く事をお勧めしますが、体が不自由な場合には内職で働くしかないので仕方がいないでしょう。

インターネットを使えば簡単に見つけられますが、中には怪しい内職もあるので注意しましょう。

キーワード:

このページのトップへ