定年前に高度な技術を身に付けておく

定年退職をしてから技術を身に付けても、経験が無ければまず採用してもらう事は不可能なので、定年前にできる限り技術を身に付けておく事によって、定年後も採用してもらえる確率を上げておく事が大切です。

現在では全く社会人経験の無い新卒者よりも、高い技術を持っている定年退職者の方が重宝される時代です。

そこで定年後でもできる限り体に負担が少ない技術を身に付けておく事によって、長く勤めて会社に貢献しているような場合には、アルバイトとして会社に残れる事も多いですし、若い人に指導する事を重視して採用してくれる場合もあります。

その為には、定年前に高度な技術をしっかりと身に付けておく事が大切です。

日本は開発製造の分野では世界トップクラスの技術力を持っている為、何十年も同じ事をしていれば、世界でもトップクラスの技術力を身に付けられるので、必ず会社にとっても利益となるので残ってほしいと言われる事が多くなります。

工場などで仕事をした事がある人はわかると思いますが、中小企業の場合は特に定年退職者を会社に残している事が多くなっています。

昔と違って今では定年退職後であっても安い給料で協力してくれる人が多いので、会社によっては若い人よりも定年退職に近い年齢の人や、定年退職者の方が多くなっている事も珍しくはありません。
年功序列ではなく技術が物を言う時代になっているからこそ、定年前に高度な技術を身に付けておく事が大切になるのです。

キーワード:

このページのトップへ