警備員や製造業

年金が当てにならない現在では、定年退職した後も仕事をしなければ生活していけないという人が多い事でしょう。
そこで定年退職した後でもアルバイトをして生活費を稼ぐ方法があるので、定年退職後に働く人が多いアルバイトを紹介します。

定年退職後に行うアルバイトの中で、最も多いのが警備員のアルバイトです。
警備会社にもよりますが、従業員の大半が定年退職者であるという場合も珍しくはありません。

警備員の主な仕事は、駐車場や駐輪場の管理や警備が多いのですが、工事現場などで交通整理をしている警備員や、デパートなどの見回りをしている警備員は、比較的若い人もたくさんいます。
しかし、警備員も比較的ストレスが溜まる仕事なので、今の若い人よりも苦労をしている定年退職者の方が長く務めてもらえる事から警備員に雇う会社が多くなっています。

場合によっては夜勤などがある場合もあるので、定年後のアルバイトとはいえ、かなり儲かる事もあるので多くの定年退職者が警備員の仕事をするのでしょう。

他にも長い間工場で働いていた人の場合には、正社員ではなくアルバイトとして会社に残れる場合もありますし、嘱託という形で会社側から努めてほしいと言われる事もあるので、いかに長く同じ会社で勤め、真面目に勤務しているかが問われますが、最近では嘱託で定年退職者を雇う事は少なくなっています。
ただし、製造業などでは若い人が長続きしない事が多い為、定年退職者をアルバイトとして雇う事もあります。

キーワード:

このページのトップへ